PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

「りー太」じゃないよ~

昨日まで仕事で入ったお店にはこんな表示がしてありました。
N213182909.jpg
もう3年近くこのお店に出入りしていますが、“盲導犬”という言葉に敏感になり
で、シャッター押しました。

仕事をしているとロビンくんちのお父さんとお母さんがご来店
雨がやんで、ロビンくんのお散歩を済ませて来られたそうです。

お父さんのトレーナー、ロビンくんの毛だらけでした(笑)
いっぱい抱っこしてるんでしょうね~

いつかお店にも連れてきてくださいね~


久しぶりに丸1日休みが取れた父ちゃん、息子たちのジムの合間に母ちゃんとリータで河土手へお散歩。
cc2010_0213_132509
↑階段の練習中
段差の小さい階段はスタスタ行きますが・・・

c2010_0213_132342.jpg
段差の大きい階段はまだ苦手みたいです。ストップしちゃいました。。。

母ちゃんが上から“勇気の源”(フード)入りのケースを「カラカラ」振ったら…
“ビュ~ン”一気に登りきりました

歩いていると、ゴールデンレトリバーを連れた方と出会いました。
cc2010_0213_132612
リータ、尻尾ブンブンです。
ゴールデンは8歳の男の子だそうです。

飼い主の方に声をかけられました。
「お名前は?」
「リータです」
「男の子?」
「あの…女の子です。。。」
「リータ…ちゃん?」
「は、はい(汗)」
(しばし沈黙…)
「実はこの仔、盲導犬の卵なんですよ。それで(説明にはいる)…」
「そうだったの~」

実はこのところ「リータ」の名前をよく勘違いされるのが悩みです(悲)
男の仔にありがちな「ポン太」「ゴン太」と同じで「リン太」「リー太」と勘違いされてしまいます。

文字にすると簡単なんですが、発音だけだとわかりにくかったかな~
でも、一生懸命考えた名前、ドイツ語で「Rita」(日輪・コロナの意らしい)なんですよ。
息子たちも空に関連する名前なので、そこにもこだわって…
名前を聞かれたら大きな声「女の仔でリータです!」と言います。

この土手、見ての通りゴムチップが敷いてあり、足に負担の少ないランニングに適した道です。
実業団の選手や、高校の運動部、市民ランナーが多数走っています。
父ちゃんも母ちゃんにリータを任せ、半周走ってきました。
(3月末にハーフマラソン初挑戦するのにたった半周で大丈夫か?父ちゃん)
cc2010_0213_134044
そうそう、広島は川の中州にできた街。
市内には7本(現在は6本)の川が流れています。

| 2ヶ月目(01/20-02/19) | 20:31 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

夜鳴き、散歩、ワンツーのその後・・・

先週1週間、恐ろしいほど深夜2時半ぴったりに「クンクン」して起きワンツー、その後クレートに戻すと「ギャンギャン」(出して~)と鳴いていました。
寝たとしても4~5時に再び「クンクン…」ワンツーかと思い、出すと布団にもぐりこみたかっただけ
無理にクレートへ戻すと何時間でも鳴き続ける勢い。

リータの兄妹のPWさんに相談したところ、2男3女のうちリータを含めた3女がだいたい同じ状況だということがわかった。
(逆に男の子2頭はぐっすり眠るらしい)

リータだけでないという妙な安心感はあるものの、各家庭同じように一喜一憂、試行錯誤している様子です。
(がんばりましょうね~!)

今週になって深夜2時前に強制ワンツー、その後クレートへ戻らせる(寝ぼけてるのかちゃんと寝る)と、
そのまま朝まで寝るようになりました。
(どうしたの、リータちゃん???)

まだ、2日しか経ってないけど上手くいくような気がする。。。

散歩も先週末から朝・昼の2回行くようにしました。

このせいか、夜の大暴れ(やたら人や物にかみつく)が少なくなったと思います。(母ちゃんも同意見)

ストレス発散できたのかな???


ハイ、続いて新たな悩みが…一難去ってまた一難です。

このところ、リータをケージに入れて、買い物などちょっと留守にして戻ると必ずワンをしています。
母ちゃん、何度マットを洗ったことか・・・

父ちゃん仕事中に、母ちゃんより「またおもらししてた~」というメールを何回ももらってます。

今朝は子供たちが出かけ、母ちゃんも出かけたあと、父ちゃんが朝風呂に入っている間にワン、ツーともケージ内でやっちゃってました。
しかもツーは痕跡はあるものの、実物は無く…まさか

風呂上りに入ったリビングは「プワ~ン」とツーの香りが漂い、父ちゃん再びリータを連れて風呂場へ戻る羽目に。

リータの足と口を洗って出して、スノコを洗い始めると、リータが父ちゃんの革靴をくわえて風呂場へ戻ってきました。
「ギャ~、やめてくれ~」
「それはまだ買ったばかり~

実家に居た雑種の「リン」(17才で天国へ)、現在居るコーギーの「ラブ」も同じような悪さやってたな~
留守番するとわざといたずらしたり。。。

リータは賢い


| 2ヶ月目(01/20-02/19) | 10:30 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

「パピーウォーカー修了式」

2月7日、島根あさひ訓練センターで「パピーウォーカー修了式」があったそうです。

詳しくはこちら→盲導犬LAB&Loveオフィシャルブログ

今回センターに戻ったマッチくん、ミリーちゃん、メイちゃんの3頭は、私たち家族にとって初めて出会った盲導犬の候補生でした。

昨年8月のこと…
パピーウォーカーの登録申込み書をポストに投函したら、数日後センターより電話がありました。
「週末に6ヶ月齢のパピーレクチャーがあるので見学しませんか?その後、詳しい説明をしますよ」とのこと。
「見たい見たい!」と喜んであさひ訓練センターへ。

そこにマッチくん、ミリーちゃん、メイちゃんとそのご家族がレクチャーを受けていました。

確か、散歩中に出会った犬のやり過ごし方や、跳びつきをさせない心得を学んでいたと思います。。。

その後、12月にリータがやってきて、1週間して『ボランティア交流会』(紹介記事→日本盲導犬協会HP)でご家族とワンコに再会。

メイちゃんのお父さんにリータを抱っこしてもらい、「こんなに小さかったのになぁ…」と思い出され、
「修了式が近くなって、今からお散歩のたびに涙が出てきます」とお話されてました
(当初は1月に修了式を迎えるはずだったそうですが、都合により2月に延びて大喜びしたそうです)

とうとうその日が来てしまったんですね…

「リータの入所式はどんな気持ちになるんだろう?」という話題になって、、
父ちゃん:「とりあえず、帰りの高速は思いっきり泣くから、母ちゃん運転頼むよ」
母ちゃん:「私だって悲しいからイヤよ」
「じゃ、センター近くにある“村のコンビニ”(ホントにこんな名前のコンビニがあるんです)で思いっきり泣いてから帰ろう」ということになりました。

今からそんなこと決めなくてもいいんですけどね



さてさて、ハルがソファーでいつの間にか寝ていると…
cc2010_0208_215839.jpg
リータもわざわざハルのところへ。

cc2010_0208_215816
ハル、熟睡中。まったく気付きません。

cc2010_0208_220319
リータも寝始めました。

おいおい、2人とも!!!

このあと、リータはクレート、ハルは2階の寝室へ。
それぞれ父ちゃんが運びました。

重たかった~

| 2ヶ月目(01/20-02/19) | 23:36 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ロビンくんちの節分

ロビンくん(リータの兄妹)のご家族から節分の時の写真が送られてきましたよ~

ロビン17
ハハハ…角がかわいいよくじっとしてますね。
リータなら大暴れ間違いなし!

ccロビン15
ロビンくん、顔がしっかりしてきましたね。凛々しい!

| 2ヶ月目(01/20-02/19) | 22:38 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

脂肪腫?

「載せる」「載せない」と悩んでいましたが、完全に治った(消えた)ので載せました。

実は20日くらい前のこと、母ちゃんがリータの右後ろ足側お腹にある「コブ」を見つけました。
(その前夜は父ちゃんがいっぱい遊んだので、その時からあれば気付くはずですが気付かず…)
おそらく一晩でプクッと膨れたのだと思うのです。
c2010_0122_214458.jpg
大きく膨らんでるのがわかりますよね
c2010_0122_214348.jpg
母ちゃんすぐに担当さんに連絡、その後近所の獣医さんに診てもらいました。
「何かで打って腫れたのか、脂肪の塊(脂肪腫)だろうね~」
「根もないし、これより大きくなるなら中の組織を調べるけど、そうでないならあまり心配せんでいいよ」
とはいえ、獣医さんに測ってもらったら2センチちょうどのコブでした。けっこう大きい

心配でいろいろ調べたり、お世話になっている方に相談したり…

ネットで調べたところ、
「犬の脂肪種は簡単に言うと、脂肪の塊です。主に、体表面や四肢にできやすいもので、高齢犬に多く発生します。触る事で確認できます。ですが、良性の脂肪腫であるのか悪性の脂肪肉腫であるのかは、病理組織検査を行わないと分からないので、必ず検査をしてもらいましょう。」
「犬の脂肪腫は痛みなどの症状はなく、こすれてしまう、生活の邪魔になる、という事がない限りは特に治療の必要はありません。ただし、脂肪種は大きく成長してしまうことが多く、見た目にも明らかになるので、体調と相談して、切除や内容物の吸出しを希望される方もいるようです。」
とありました。

確かにつまんでも痛がる様子もなく、気にする様子もありませんでした。

でも、ほとんどが高齢犬がなると書いてある。これが気がかりで

パピーが脂肪腫になったというブログや記事があるか調べましたが探し出せず。。。

4~5日後、再び受診。コブは小さくなっており「心配せんでいいよ~」
ホッ…

コブは日に日に小さくなっていき、いつの間にか完全に消えました

「脂肪腫のこと載せたら心配する人がたくさんいるんじゃない?」と母ちゃんに言われて「いっそ載せないほうがいいな~」とも思っていました。
でもこのブログ、多くの先輩・新米(私もです)パピーウォーカーさんに見ていただいてるので情報の一つとして載せることにしました…

| 2ヶ月目(01/20-02/19) | 18:13 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。