PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

もうひとつのボランティア・派遣決まる!

パピーウォーカーを始めたと同時に、目の不自由な人のためにもっとお役に立てないかと受講した「広島市視覚障害者ICT利活用支援ボランティア」の身分証が届きました。

簡単にいうと、目の不自由な方が自由に情報を得たり発信したりするために使う音声パソコン、その設定とサポートのお手伝いをするボランティアです。

今年度に入り、市からボランティア登録書が届き、ボランティアとして活動できる曜日や時間帯・場所などを記入したところ、折り返しこの身分証が送られてきました。
c2010_0514_130421.jpg

そして先日・・・

早速ボランティア派遣の依頼がきました。
(ひょえ~!心の準備がまだ~!)

日曜日、もう一人のボラさんと合流し(訪問は二人一組が基本)依頼者のお宅へ訪問。
そこで音声パソコンの設定をします。

とはいえ、父ちゃんは受講は済んだものの全く自信なし。。。

そのことを担当さんに話すと「大丈夫ですよ、一緒に行く方は音声パソコンに精通されてる人ですから」
(ホッ…)
「では、ワタシはいったい何をしたらいいのでしょう???」

話しを伺うと一緒に行くボラさんも視覚障がい者の方らしく
「パソコンの設定時に出てくる表示や文字を読みあげてください」
「は・はい、それなら喜んで・・・」

「待ち合わせ場所で“白杖”を持った人を探して声を掛けてください」
とのことでした。

依頼者のお宅までは公共交通機関で移動。
待ち合わせ場所からバスで移動するので、昨夜のうちにバス乗り場と時刻表・料金と訪問先の住宅地図まで調べておきました。

白杖を持った人と一緒に歩くのは初めてです。

うまくお連れすることができるだろうか???
少し不安ですが、精一杯頑張ってきますね。

| 視覚障がい者向けの音声パソコンボランティア | 14:21 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

もうひとつのボランティア(その5)「修了証書」

視覚障がい者向けのパソコンの操作・設定の講座が最終回を迎えました。

2時間×10回、計20時間の講座でしたが、あっという間です。。。

今日は広島市の職員の方が来られて、「修了証書」を手渡ししてくれました。
↓コレです。。。ジャ~ン
c2010_0218_134710.jpg


なんと秋葉忠利市長の名前入りです

始めこそマウスやタッチパッドが使えないパソコンに苦労しましたが、慣れてしまえば非常に使いやすいものでした。
もちろん、使いこなすにはそれ相応のコマンドやショートカットキーを覚えなくてはいけませんが、フツーに使うには矢印キーと[esc][tab][enter]キーなどでなんとかなるもんでした。(そうでないと困りますよね)

講座が済んで、さっそく視覚障がい者のお宅にお邪魔して設定・サポートはさすがに自信ないので、今後も定期的なスキルアップ講座を受けつつ、先輩と一緒に訪問してお役に立てたらな~と思っています。

また、この講座で視覚障がい者の方の生活や現状についても知ることができました。(このあたりは今後もブログに書いていきたいです)

点字と出会ったのも感動でした

点字はすごくよくできています。
「あいうえお」の50音なら母音と子音の組み合わせなのでけっこう簡単に覚えられます。
ココに点字表があります→点字50音表

「点字キーボード」なるものも触らせてもらいました。(こんな感じです↓)
q10.gif

(ただし、指でなぞって読み取るのは大変です。。。)

ビールやチューハイの缶にも印字されていて「おさけ」と書いてあるのは知っている人も多いはず。
(映画「クイール」にもそんなシーンがありましたよね)

PWにならなければおそらく知らなかった世界、盲導犬育成の目的も再認識した父ちゃんでした。

| 視覚障がい者向けの音声パソコンボランティア | 15:36 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

もうひとつのボランティア(その4)

先日のNHK「プロッフェッショナル・仕事の流儀」をごらんになりましたか?

14歳で全盲となり不屈の努力でIBM技術者の最高職位「フェロー」に任命された浅川さん、その仕事ぶりを追った番組でした。

すごい方です!これしか言葉が出てきません。

(詳しい内容は1月9日に書いたブログ「もうひとつのボランティア(その3)」を見てくださいね)

今日18日の深夜0時45分より再放送がありますよ。


父ちゃんの通う「視覚障がい者向けのパソコン設定・操作のボランティア講座」の先生も全盲の方ですが、その知識はずば抜けていて、まるで見えているかのようにパソコンを操作されています。
(物腰柔らかく、ウイットに富んだ先生なので楽しい講座です)

余談ですが、その先生が上記番組の冒頭に数秒だけ映っていました。
番組に使われたのはご自宅(?)でパソコン操作をしているシーンだけですが、実際は5時間くらい取材されたそうです(
名物の路面電車(いかにも広島って感じですね)をバックに歩いたシーンも撮ったそうですがカット。。。先生、苦笑いでした。

先生に第1回の講座で教えてもらったのですが、20代中ごろにご病気で光も感じない全盲になったそう。

また、視覚障がい者には、目の見えなくなる経緯が様々で、生まれつき見えない人や学生の時に見えなくなった人、家族を持って働いていて見えなくなった人、さらに事故で見えなくなった人、病気で見えなくなった人、そして一夜にして朝目覚めたら見えなくなった人、徐々に真綿でゆっくりと首を絞められるようにして見えなくなった人がいるとのこと。

見え方も様々で、普段の生活に不便を感じる人から、夜が見えないので一日の行動に制限が出てくる人、文字は読めないが白杖を使わないで一人歩きできる人、文字を読めないが物があることがわかる人、このあたりまでが弱視の人で、

そして、全盲にも二通りあることも教えてもらいました。
文字や物がどこにあるかわからない、自分が向いている方向がどちらなのかわからない、白杖を必ず使わないといけない、しかし光が見える、明るい暗いがわかる人。
もう一つの全盲は字のごとく、光の明暗もわからない、光も感じない人。光がわからない全盲になると、朝昼晩の間隔がわからなくなり、時計で知る時間のみが頼り、一日の始まりと終わりは時計に依存するしかないとのこと。

そして、共通して言えることは必ず何度も失意・絶望のどん底を這いずり回ると…

この言葉、じ~んときてしまいました。

盲導犬を育成するパピーウォーカーというボランティアもそんな方々のお役に立つため。。。
それをいつも心に留めておかなければと思います。

で、このブログを書いている途中、リータがひざの上にピョンと…
c2010_0118_185913.jpg
「頑張るんだぞ~」と頭をナデナデ…

数分後、大いびきで寝始めました
c2010_0118_193053.jpg
ごはん食べたから眠たくなったんだね

そうそう、今日は週に1度の体重チェックの日でした。
朝計ったらなんと8.0キロ(先週比+1.0キロ)


ブログを見てくださっているエースくんのママさんにパピーの体重の推移表をいただきましたが、このあたりから加速度的に増えるんですね(抱っこできる期間は人の子の何十分の一ですね)

| 視覚障がい者向けの音声パソコンボランティア | 19:47 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

もうひとつのボランティア(その3)

長いこと「もうひとつのボランティア」について書いていませんでした

おさらいすると、父ちゃんは現在「視覚障がい者の方にパソコンの購入や設定、操作をサポートするボランティア」の講座に通っています。

全10回のうちすでに5回終了、講座は後半に入っています。

視覚障がい者向けのパソコン(いわゆる音声パソコン)をこの講座で生まれて初めて触った父ちゃんですが、電源入れてからすぐに面食らいました。

普段ならマウスを使ってログオンやネットやメールのアイコンをクリックしますよね?
でも視覚障がい者用のパソコンは(当然ながら)マウスやタッチパッドは使いません。
すべてキーボードで操作します。

使用するパソコンは特別なものではなく、私たちが普段使うウインドウズPCです。

そのPCにはウインドウズに表示されている文字をすべて音声で読み上げるソフトがインストールされています。
音声読み上げソフトは数社から発売されているそうですが、父ちゃんは「PC-Talker」という読み上げソフトが入ったPCで講習を受けています。

PC-Talkerの発売元のHP(高知システム開発)
↓パッケージにもラブが載ってました
16032.jpg

そのパソコンの中に視覚障がい者用に特化されたソフト、例えば文章作成やメール、インターネット、はがき作成、辞書、読書、ニュースなどをインストールすると、晴眼者と何ら変わりなくパソコンを活用できるようになっています。

操作は基本的には矢印の[↑・←・↓・→]キー、[ENTER]、[ESC]だけでできるようになっていますが、画面の切り替えなどには、たくさんのショートカットキー([Ctrl]+[何かのキー]のような同時押し)を覚えなくてはなりません。(これがとても大変…「マウスが欲しい!」と思う瞬間です)

それを視覚障がい者の方にレクチャーするのですから責任重大です(汗)
講師の方は「10回の講座じゃ覚えられないから安心してください」と言ってくれますが、しっかり勉強しないと。。。


そうそう、講師の方が一瞬だけ出るそうです。
NHK「プロッフェッショナル・仕事の流儀」

第133回 1月12日(火) 放送予定

あきらめなければ、道はひらける
~研究者・浅川智恵子~

全盲の日本人女性研究者が、今、世界から熱い注目を集めている。その研究によって、目が見えない障害者や高齢者、世界の“情報弱者”10億人以上の暮らしが一変すると期待されている。
浅川智恵子、51歳。研究テーマは、さまざまな情報をIT技術を使って、誰でも簡単に手に入れられるようにする、いわばITのバリアフリー。浅川を世界的に有名にしたのは、ホームページを音声で読み上げるソフトウェア。多くの人生に希望をもたらした。その後も、次々と画期的なIT技術を生み出し、世界に発信し続けている。浅川は、過去5人のノーベル賞受賞者も就任した、世界最大のコンピューター企業の研究・技術者の最高職位「フェロー」に抜擢された。
浅川は元々スポーツ少女だったが、14歳の時に、プールの事故が原因で完全に視力を失った。絶望のふちをさまよった若き日。しかしその後、さまざまな困難を乗り越え、不屈の研究者になっていく。固い決意で仕事に挑む、その素顔は、2人の娘の母親であり、研究者チームを率いるリーダーだ。
この秋、気になる部下がいた。入社5年目、プログラミングの腕が高い、期待の若手。骨太の研究者に育てるべく、新しい研究テーマの中心メンバーに抜てきする。しかし、行き詰まる若者。浅川が下した決断は…。
失明という苦難と向き合い続けながら、世界の第一線で活躍を続ける不屈の研究者の生きざまに迫る。


「あきらめなければ、道はひらける」・・・いい言葉ですね!
元気がもらえそうな番組です。
父ちゃん、録画スタンバイOKです。

| 視覚障がい者向けの音声パソコンボランティア | 19:13 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

もうひとつのボランティア(その2)

今日、仕事の最中に盲導犬を連れたご夫婦らしき方を見かけました。

白いハーネスを着けて、ご夫婦と3人(2人と1頭)で歩道をテクテク…
ちゃんと(当然ながら)歩道の段差ではいったん立ち止まってユーザーさんに知らせてたのには感心しました。

信号が青になったのでそれ以上見ることはできなかったけど、その犬はお散歩中の犬とはまったく違う表情に見えました。一生懸命仕事してるって感じの顔でしたよ。


で、前回の続き…

NHKドラマ「チャレンジド」で視力を失った先生が使用していたパソコン
ホームページを読み上げたりや文章作成を音声で知らせてくれるもの。
ドラマの中で頻繁に使われていた。

ある日、新聞の中に入ってた普段はめったに見ない「ひろしま市民と市政」に“視覚障がい者のためのパソコンボランティア募集”が目に入った

対象者…視覚障がい者にパソコンの個別訪問指導を行うボランティアとして活動できる人。

「これだ

全10回、1回2時間の講座。
平日ばかりだが、出勤時間をずらしたり、講座のある日を休日にすることでなんとか都合つきそうな雰囲気。
思い切って広島市視覚障害者福祉協会へ電話してみた。

「まだ空いてますか?」

『ええ、空いてますよ』
(よかった~)

「パソコンはどれくらいの知識があれば理解できますか?」

『普通にできたら大丈夫ですよ。定年後の方や主婦の方が多いですよ』
(うん、普通にはできるぞ。平日だもんな

どうしても仕事の都合がつなかい時は、(パソコンが空いてたら)他の時間に受講できるかもしれないという返事までもらったので、

「それでは受講お願いします!」

『では、申込書と資料を送りますね』

届いた資料には…

1回目「視覚障がい者との接し方」
2回目「Windowsの基本操作」
3回目「PC-Talkerの設定と基本操作①」
4回目「PC-Talkerの設定と基本操作②」
5回目「VDMの基本操作と6点キー入力の基本操作」
6回目「MyEditとMyWord(文字書き)の基本操作」
7回目「MyMailの基本操作①」
8回目「MyMailの基本操作②」
9回目「音声ブラウザの基本操作①」
10回目「音声ブラウザの基本操作②」


3回目から難しそう。。。でも、頑張るぞ。


いよいよ明日は委託式前の打合せ。
ケージとか、迎え入れる心構えなどを聞くらしい。


| 視覚障がい者向けの音声パソコンボランティア | 00:27 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。