PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

NHKラジオ第2「新しいことはおもしろい」長谷川貞夫さん

今夜のNHKラジオ第2「聞いて聞かせて~ブラインド・ロービジョン・ネット~」をご紹介します。
「新しいことはおもしろい」
-長谷川貞夫さん、塙保己一賞を受賞して-
2011年7月3日(日)19:30~20:00 [再放送]7月10日(日)7:30~8:00
元盲学校教諭の長谷川貞夫さんは、昨年、塙保己一大賞を受賞した。長谷川さんはさまざまな改良点字の開発やへレンケラーホンの開発など、画期的な発明やアイデアで、視覚障害者の情報格差の改善に取り組んできました。最近では、タッチパネルで操作するスマートフォンも視覚障害者が利用できるようにしたいと、点字入力法の研究開発にも取り組んでいます。

20歳で中途失明した悔しさをばねに、視覚障害者の2大困難である歩行の問題と情報入手の問題に創意工夫と持ち前のひたむきさで挑み続ける長谷川さんの半生を振り返りながら、挑戦するおもしろさを語ってもらいます。


長谷川さんは6点漢字の考案者として(超)有名です。
父ちゃんがボランティアで使用する視覚障がい者向けの音声パソコンソフト「PC-Talker」も、あるキーを押すとカーソルの当たっている漢字を6点漢字で読み上げます。

父ちゃん、特に興味を持ったのはスマートフォンの文字入力法。
「IPPITSU」(いっぴつ)というソフトを入れたら、画面に6つの点が表示され、まるで一筆書きのように文字入力ができるもの。
イメージとしてはこんな感じ…
画面を縦にして、両脇の上・中・下に点があり、
c130493956819616128924.jpg
たとえば「ち」を入力するときは、
c130494052519616420106.jpg
一筆書きの要領で「ち」の点字をなぞります。
指を離したら確定し、振動や「ち」と発音されるそう。
長谷川さんのブログにも載っていましたが、視覚障がい者だけでなく、盲ろうのかたにも使えるところ、さらに手指に障がいのあるかた、お年寄りにも、結局みんなに優しい入力法になりうるのが素晴らしい!!
c130494067856816323403.jpg
→すでにドコモやauのスマホ(アンドロイド端末)に導入できるようです。

父ちゃんもスマホユーザーですが、いまだにタッチ式の入力方法にイライラします(苦笑)
0033.jpg
だいぶ早く打てるようになったんだけど、やっぱり昔ながらのほうが打ちやすい。

長谷川さんのブログをご覧になってくださいね。すごいですよ。
下がリンクです。
長谷川貞夫の視覚障害とユビキタス情報バリアフリー/ウェブリブログ
スポンサーサイト

| 関連記事など | 12:13 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://dragonsunny.blog11.fc2.com/tb.php/440-56c75032

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。