PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

「暗闇を楽しもう」体験

広島市内にある視覚障がい者のかたが働く作業所「いっぽ」にて「暗闇を楽しもう(エンジョイ・イン・ザ・ダーク)という企画があり参加してきました。

場内は真っ暗闇なので今日の記事に写真はありません。

部屋の中に入るとダンボールや粘着テープで目張りされた暗い部屋へ通され、簡単な自己紹介と説明を受けました。
「真っ暗闇の中で気分が悪くなったら申し出てください」
(なんと看護師さんまで待機、傷害保険にも加入済みとのこと)

参加者は約10人。子供はハルだけでした。
全員が杖を渡され「それでは明かりをすべて消しますよ」「パチ」(←ライトを消す音)

「うわ~真っ暗!!」(ハルはビビッて父ちゃんの手を握り締めます)

何かを見ようと目を一生懸命動かしますが、何も見えません。

「では前の人の肩をつかんで前に進みましょう!」
案内人は暗闇のスペシャリスト、全盲のかた。

父ちゃんはハルと手をつないでいたので、前の人とはぐれ進行方向がわからなくなりました。

「はぐれた人は、この鈴の音に向かって来てください」「リンリン…」

杖を振り地面の障害物を確認し、空いた手はテーブルなどの突起物がないか左右に振り、へっぴり腰で歩きます。

「では空いている席に座ってください」

手を振り回しながら空いている席を探します。

自分の行動を他の人にわかってもらうよう、声にして動作を知らせます。
「父ちゃんとハルは席につきました~」「私〇〇も席に着きました」「私△△はまだです」などなど

席を何度か変わりながら、いろんなコトをしました。

①もう一度ゆっくり自己紹介をしながら今の気持ちを話し合い、
②切り花を順番に回して、花の名前を当てたり
③いろんな音(お祭りの様子や、チャルメラ、海岸の波の音など)を聴きました。
視覚以外の感覚をフル回転させていると、けっこう疲れます。(特に記憶力が必要です!)

それが終わると、お待ちかねコーヒータイム。
両手をそっと前に伸ばすと、シュークリームらしきものが置いてありました。
触った感じでは、外側はチョコでコーティングされて、横長で、結構ボリュームがありそう。

甘い香りに誘われながら一口パクッ、食べると中のクリームはモンブランも入っていました。
ハルはモンブランが大好きなので、さぞ喜んだろうと思って聞いてみると、すでに完食ずみ。
「おいしかったけど、気付かんかった」の一言(もう少し味わって食べなさい!)

主催者の方にみんなでお礼を言って終了。
地上にある作業所を真っ暗闇にするにはそれはもう大変だったことでしょう。
明るくなった部屋の中を観察すると、角にはしっかりプチプチがされており、外からの明かりの進入を防ぐためあらゆる場所にダンボールと粘着テープが張り巡らされていました。
ありがとうございました。

「くろうするのにくろうした」(広島弁で「暗くするのに苦労した」)という案内役の方のダジャレを聞きながら、今後も開催していくことや、視覚障がい者のことをわかって欲しいこと、でも、暗闇に身を任せると案外心地よいこともわかってもらえたかな?と言われました。


父ちゃんはこの暗闇体験で、子供のころ田舎のじいちゃんちへ泊まりに行った時を思い出しました。
古い昔ながらの家で、仏壇のあるふすまに囲まれた部屋で寝ると明かりが全く入りません。
目を凝らしても凝らしても何も見えず、怖くなって布団を被って寝たあの頃…

それと、近くに仲間がいるととても安心できるということも。
もし、これが一人ぼっちでポツンと置いていかれたら、それはもう怖いです。
白杖を持って歩く人に、皆が声を掛け合って歩きやすい環境を作ることはとても大切だと思いました。

もうひとつ。
東京では、この企画がとても好評で参加費が5千円くらいするにも関わらず、予約しないと入れないようです。
今回そのエッセンスを取り入れた企画を広島で体験できたのはとても有意義でした。
(白杖を持った人と歩く時、話をするときに大切なことを学べました)
また、いつかは常設としてできるようにして、視覚障がい者の働く場にもしたいとのこと。
人に優しくなって、すぐに友達になれる。子供たちの社会見学や、新入社員の研修などにもとても有効だと思います。

そうなったらいいですね~
スポンサーサイト

| 関連記事など | 10:35 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

私も視力を失ってから現在のように性格が変わったように思えます。
昔はやんちゃもやんちゃ、良いところでしたからね。

暗闇に体を任せるほど、いろんな発見があります。
音、感覚、そして最後に外に出たときのあの光のありがたさ。

いろんな意味で暗闇も楽しいですよ★
特に音は、視覚的要素があるとないで全然違いますからね。

| Azelfy | 2011/05/21 18:35 | URL |

はじめこそ、少しでも明るさを得ようとキョロキョロ見渡しましたが、慣れてしまうと意外と心地よかったです。
そばに人が居てくれることが、どれだけ心強いか・・・

| 父ちゃん→Azelfyさんへ | 2011/05/22 22:27 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://dragonsunny.blog11.fc2.com/tb.php/408-adce78d9

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。