PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

呉市動物愛護センターに行ってきました

リータが委託される前から何度となく行った、呉市郷原町にある「呉市動物愛護センター」へ久しぶりに行ってきました。

動物愛護センターがどんなところか、ワンコ好きな皆さんならよ~くご存知のことと思います。
c2010_0206_143936.jpg
FC2ブログでも常に上位にある、
あなたのおうちはどこですか?【広島】
は私たち夫婦もよく訪れます。

この1年間、パピーウォーカーを経験して盲導犬になるべく産まれてきたワンコたちに出会い、そしてどの子も幸せな犬生を歩む姿を見てきましたが、一方でこんな犬生を歩む(いや、歩まされる)ワンコたちがいることに心が痛みます。

タツが小学生の時にも来て命の大切さについて話をしましたが、今回はハルにもこの現実を教えてやろうと…

ここには殺処分する施設はありません(別の場所にあるそうです)
譲渡対象となる子犬がいる部屋へ自由に入ることができます。
c2010_0206_140530.jpg
白いパピーが4頭、茶色のパピーが1頭いました。
茶色のパピーは、目の病気(チェリーアイ…外科的治療でほとんど治るそう)らしく、この子だけ引き取り手がまだ決まっていないようです。
c2010_0206_141055.jpg
このつぶらな瞳…言葉(文章)にできません。。。
c2010_0206_143504.jpg
外には成犬もいました。
人懐っこくて、近寄ると尻尾フリフリしてくれます。
c2010_0206_143032.jpg

建物の中には新しい飼い主さんが決まり、幸せに暮らすワンコ、ネコの写真や手紙が展示されていました。
一歩誤れば、殺処分されていた「いのち」です。
展示できないものはこういったアルバムに納められています。
c2010_0206_142633.jpg
小学校低学年の子と思われる「ぼくのおとうとです」という手紙とともに犬を抱っこしている写真がありました。
輝いたワンコの目がとっても印象に残りました。よかったね~

展示パネルもありました。
全部載せたかったのですが、特に心に残る3枚を載せます。
(画像をクリックすると拡大しますので、ぜひお読みになってください)
c2011_0206_235019.jpg
「大きな穴」…やるせない気持ちになりますが、でも何もしないじゃ前進しませんね。

「いのち」どれもあたたかく「心のある"いのち”」です。
c2011_0206_234919.jpg
c2011_0206_234914.jpg

「呉市動物愛護センター」では毎月第3日曜に体験ボランティアを募集しているそうです。
収容動物の世話や掃除、散歩など、呉市以外の人も参加可能とのこと。
詳しくは上記紹介したブログの2月1日の記事をご覧になってくださいね。

最後になりましたが、リータの委託前に観た番組です。
後半はとても正視できない内容なので、お子さんに見せる時にはまずお父さん、お母さんが見てから。
でも、この現実から目を背けちゃいけないですね。。。

この番組、他にも2つ特集があります。
YouTubeで「ニュースJAPAN 命の現場」を検索してみてください。
ペットショップの生体販売や、子犬工場(パピーミル)についても詳しく取材されてます。


スポンサーサイト

| 関連記事など | 11:38 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://dragonsunny.blog11.fc2.com/tb.php/361-e717727e

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。