PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ソーシャル・アクセシビリティー・プロジェクト

1月最後の記事はこんな話題で・・・

父ちゃんが登録しているもうひとつのボランティア「視覚障がい者向けの音声パソコンの設定・指導」のボランティアに関連するもの。

こんな取組みがなされています。
詳しくは下の解説をお読みいただくとして、まとめると・・・
視覚障がい者の人がインターネットで何かのページを見たとき、音声パソコンでは読めない・わかりにくい場所があったとします。
それをとある掲示板に「ココがわからない」と書き込むと、晴眼者のボランティアがその説明をするというもの。

視覚障がい者の人にそのことを聞いたことがありますが、「結構(音声パソコンが)読めないものがある」とのことでした。

よくあるのが、電車の時刻表です。
印刷しやすい、データとして持ち運びしやすい、というような理由からでしょうが、PDFファイルになっているものが多いです。
我が家の近くを通る、アストラムライン(新交通システム)の時刻表もPDFファイルです。例→こちら
これ、音声パソコンには荷が重いらしいです。。。


インターネットは、健常者だけでなく障碍者や高齢者などにとっても、情報を容易に入手することができ、様々なサービス受けることのできる便利で欠くことのできない社会基盤の一つとなってきています。誰でもインターネットを気軽に使えるように、JISでの標準化をはじめとして様々な活動が行われています。しかし、ウェブ上のサービスの増加に伴い、制作側が配慮しているつもりでも、多様なユーザーの使い勝手を全て把握することは難しく、制作者の気づかない部分で利用に支障をきたしていることもあります。

今回、日本IBM 東京基礎研究所が開発したコラボレーション・ソフトウェアの特徴は、視覚障碍を持ったユーザーと一般のユーザーが協働で、対象となるウェブ・ページのコンテンツに変更を加えることなく、アクセシビリティーを向上できることです。

たとえば、視覚障碍者が、読み上げ機能付きのブラウザーを使っていて「写真が掲載されているようだが、どんな写真かわからない」「目的のページにたどり着けない」など、閲覧しているウェブ・ページで理解できない箇所を見つけた際、ソーシャル・アクセシビリティー・プロジェクトのサーバーにメッセージを送信します。

送信されたメッセージは、ソーシャル・アクセシビリティー・プロジェクトのサイトに表示されます。表示を見た一般のインターネット・ユーザーは、報告された問題に対して、「写真注釈:夕日に映える富士山」など適切な情報をツールを使って付加し、ソーシャル・アクセシビリティー・プロジェクトのサーバーに登録します。その後、視覚障碍者がそのウェブ・ページにアクセスすると、ソーシャル・アクセシビリティー・プロジェクトのサーバーから登録された付加情報が自動的に読み込まれ、掲載された写真を理解できるようになります。こうして、実際のウェブ・ページのコンテンツに変更を加えることなく、短時間でウェブ・ページの問題が改善されます。

また、ソーシャル・アクセシビリティー・プロジェクトのウェブ・サイトでは、ユーザーごとの投稿数や修正数のランキングが表示されたり、視覚障碍を持ったユーザーと一般のユーザー、もしくは一般のユーザー同士が問題点について話し合う場を提供するなど、協働を支援する環境を提供しています。

日本IBMでは、「ソーシャル・アクセシビリティー・プロジェクト」の試作Webサイトをソーシャル・アクセシビリティー・コラボレーション・ソフトウェアと共に、IBMアルファワークス・サービスの一環として本日より提供しています。IBMアルファワークスからソーシャル・アクセシビリティー・プロジェクトに登録すれば、視覚障碍を持ったユーザーのWebアクセシビリティー向上のための活動に、誰でも参加することができます。IBMアルファワークスでは、IBMの各研究所で開発中の最新技術を開発者向けに提供しています。




今回、広島市と日本IBMがコラボして、視覚障がい者向けと、晴眼者向けの講習会を開きます。
父ちゃん、参加してみます。
もっとよ~く理解できたら、またご紹介しますね。

追伸、
天国のどんべえママさん、1位ですよ!
0005.jpg

FC2ブログのジャンル→福祉・ボランティア、サブジャンル→ボランティア部門です。
ワンツーを飾りました。ママさん良かったね~、父ちゃんもうれしいぞ~
スポンサーサイト

| 視覚障がい者向けの音声パソコンボランティア | 23:11 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

ほ~、IBMってそんな開発してたのかぁ~、しかも講習会まで開くんだね。
余談ですが、もう退職しちゃったけど、私の伯父がIBMのプログラマーでした。
父ちゃんよ~っく学んで来てね。
そして分かりやすい解説お願いします。(笑)

| ルークママ | 2011/02/01 00:14 | URL |

すご~い、どんべえママさんもたつはる父ちゃんもおめでとう!

凄い!すご~い!
どんべえママさん、そしてたつはる父ちゃんさん!!!!!
やったね~♪
どんべえママさん、天国で照れてるかな?

今日はね、どんべえママさんに見せたかった場所にハートと行って来たんです。
歩きながらず~っとどんべえママさんに話しかけてたんですよ。
帰って来てから、いつもの様にどんべえママさんのブログ見て、それからたつはる父ちゃんさんにブログに来たら!
なんとも、嬉しい追伸が♪

追伸以外、まだ目を通してないんだけど(-_-;)
嬉しくて♪嬉しくて♪コメントしちゃった~


| ハートママ | 2011/02/01 18:28 | URL |

音声パソコンのバランティアも頑張っておられますね。

どんべえママさんのブログ、ブログ村のラブラドール人気記事でずっと1位です。
http://dog.blogmura.com/labrador/
(右側中段の位置です)
私もお気に入りに登録していつも見ていたのでびっくりしました。

同じ時期に同じような考えでPWをしていたという偶然が他人事とは思えず、悲しい結末に言葉が見当たりません。


| パピママ | 2011/02/01 21:21 | URL |

 ブログ,どんべえままさんとのワン・ツー フイニっシュ,
おめでとうございまあすv-63v-10

どんべえままさん,天国で見てくれてますか?
やりましたねえv-218
我が家だけでなくたくさんの人が,ブログ開いて
「ほっこり」してるんですね。




| ラッキー家族 | 2011/02/02 13:25 | URL |

あのNHKプロッフェッショナルにも出たIBMの淺川さんは全盲の方だそうですが広島にも来て、講演されたそうですよ。
伯父さまもご存知ではないでしょうか?
画面の文字を読み上げるソフトや、逆に音声を文字に変換するソフトってIBMが一番古くからやってたと思うけど…

3月13日にその講習会があります。
果たして父ちゃんにわかるのか?不安ですが「当たって砕けろ」で行ってきます。

| 父ちゃん→ルークママさんへ | 2011/02/08 22:46 | URL |

ありがとうございます。

どんべえママさん、ランキングが上がると「励みになります!」と喜ばれてましたね。
ラブラドールの他のランキングも1位だったそうで、天国で微笑んでいらっしゃることでしょう。
ワタシもどんべえママさんとのワンツーを飾れて嬉しいです!

| 父ちゃん→ハートママさんへ | 2011/02/08 22:56 | URL |

ホントだ~

どんべえママさんのブログ、どんべえクンが来る前のも読ませてもらいましたが、とってもほっこりする内容でした。

音声パソコンは視覚障がい者の人にとって、すごく大事な道具です。
キーボードの配列や操作を覚えることが大変ですけど・・・

先日はありがとうございました。

| 父ちゃん→パピママさんへ | 2011/02/08 23:11 | URL |

あったかい・・・

どんべえママさんの残されたブログ、あったかいですね~
天国のママさん、喜んでくれてるかな?

ビタミン愛たっぷりのブログ、父ちゃんもマネできるかな???

| 父ちゃん→ラッキー家族さんへ | 2011/02/09 21:26 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://dragonsunny.blog11.fc2.com/tb.php/357-25d10c7c

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。