PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ヒロシマ・65回目の夏

ヒロシマは65回目の8月6日を迎えました。

この日は広島にとって特別な日です。

小・中学校は登校日となっていて平和学習が行われ、原爆が投下された時刻8時15分に黙祷をし、その後はこの日あったことを学んだり、被爆者の方の体験談のビデオを観たりします。
また、テレビ民放4社とNHKは8時になるとすべて平和記念式典の中継に切り替わります。

この日遅出だった父ちゃん、テレビの前で母ちゃんと一緒に黙祷しました。
c2010_0806_080053.jpg

私の祖父は被爆者でした。
原爆が投下された翌日、消防団の一員として市内へ入り救護にあたったそうです。
私が小学生の時、原爆のことを夏休みの作文にしようと思い、当時のことを聞いたことがあります。
「じっつぁん(爺ちゃん)が市内へ入ったら、黒焦げになって死んどる人がい~っぱいおってのぅ。アメリカはひどいことをするもんじゃ思うたよ。」
「橋の柱にアメリカ兵の捕虜が縄でくくりつけられとってのぅ。アメリカ兵も大ケガしとったが、みんなそこを通るたびにアメリカ兵を殴ったり、蹴飛ばしたりしとった。じっつぁんはようせなんだ(しなかった)」

また、父は当時2歳でしたが、原爆を投下しにやってきたB29の編隊を見つけ「びーじゃ(Bだ)、びーじゃ」と叫んだそうです。その後祖母と防空壕へ入ったとか。
祖父母が住んでいた、我が家のあるこの場所は爆心地から直線で約8キロ。
自宅は幸いにもふすまが外れる、障子が焦げるくらいの被害だったそうですが、その後中心部で大ケガをした人がたくさん来たそうです。

というわけで仕事が終わって帰宅し、タツと平和公園に行ってみようということになりました。
(灯篭流しが見たかったんです・・・)
もちろん広島っ娘のリータも連れて・・・
c2010_0806_212517.jpg
灯篭流しの時間は終わってましたが、まだまだ残ってました。

c2010_0806_211157.jpg
慰霊碑の前には100メートルくらいの行列が…父ちゃんたちは脇から手を合わせました。
内閣総理大臣とか厚生労働大臣など、大物の名が書いてある花がたくさんありました。

c2010_0806_212719.jpg
夜9時半ごろなのにたくさんの人がいます。
c2010_0806_212807.jpg
ここはリータのお母さんヴィッキーちゃんも来たことあります。

スペインのジャグリング師、マーティン兄弟さん…
原爆ドームをバックに見事な芸を見せてくれました。
c2010_0806_214047.jpg
リータがオモチャだと思って、興味津々。「ワンワン」吠えまくります(うぅ…)
c2010_0806_214150.jpg
リータがこぼれた棒を「パクッ」して父ちゃんびっくり(だめ~!!)
c2010_0806_214137.jpg
ずっとおこぼれを待ってました。
c2010_0806_214227.jpg
すごいですね~
(カメラのレンズが汚れてました…ごめんなさい)

このマーティン兄弟さん、全国を旅しているそうですよ。

リータ、たくさんの人に「かわいいね~」と声をかけられ、ナデナデしてもらいました。
外国の人にもたくさん・・・国際平和に役立ちました(笑)

その真横では秋葉広島市長が、アメリカ時間の8時15分に合わせて「平和宣言」放送。英語でスピーチされてました(日本時間22時15分)
c2010_0806_220108.jpg
スポンサーサイト

| 8ヶ月目(07/20-08/19) | 15:57 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

平和な世界に

たつはる父ちゃんのお爺さんの話を聞いて思い出しました。
子供のころ【はだしのゲン】の実写版、アニメ 観ましたよ。
子供心にピカドンの惨さを知りました。
爆破もですが、被爆の怖さ(放射能)をあの作品で知りました。
しかし、当のアメリカ人は理解していないんじゃないかと思う時があります。それは映画です。
映画で、核爆弾が落とされるシーンを遠くで目を覆ってキスシーンする主人公のシュワちゃん映画とかありますよね…
『えっ…? 違うでしょ!手で隠して済むものじゃないし。』 アメリカ映画には他にもありますよね。
核爆弾の理解が違っていて、憤りも悲しさも感じました。
英語バージョンの【はだしのゲン】をユーチューブで流してほしいですね。
分かりやすいと思うんだけどな。

広島の方の傷が癒える事はないと思いますが忘れてはいけませんね。
どうぞ 安らかに…
  

| どんべえママ | 2010/08/07 21:28 | URL |

どんべえママさんへ

そうそう、「はだしのゲン」は衝撃的でしたね。
父ちゃんも小学生の時、児童館で全巻読みました。
その後、ギャオなどでアニメを子供らと観たり…
広島の街が焼けつくされるシーン(けっこうリアルでしたもんね)は怖かったです。

シュワちゃんの映画「トゥルーライズ」でしたっけ?
面白い内容だったけど、あのシーンだけは「それはないだろ~!」ってツッコミました。

誰もが平和がいいと思ってるはずなんだけど、戦争は今でもある。
小学生でもケンカはダメ、揉め事は話し合いで…と知ってるのになぁ。

| たつはる父ちゃん | 2010/08/09 10:12 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://dragonsunny.blog11.fc2.com/tb.php/227-b70c7e84

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。