2010年10月 | ARCHIVE-SELECT | 2010年12月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

島根のパピーウォーカーはこれで15家族!

盲導犬:候補犬、家族の一員に 浜田の訓練センター、2世帯に飼育委託 /島根

 浜田市旭町の日本盲導犬協会島根あさひ訓練センターで28日、盲導犬の候補犬をボランティアで育てるパピーウォーカーに子犬を引き渡す「パピー委託式」があった。2家族に生後2カ月のメス「ハニー」と「ハプナ」が託された。同センターのパピーウォーカーは計15家族となった。

 ハニーを受け取ったのは広島市の〇〇さん夫婦。ハプナは岡山県玉野市の●●さん夫婦と子供3人の家族5人が預かった。子犬はラブラドルレトリバーで同じ母親から生まれた。

 両家族とも飼っていた2匹の犬が死ぬ体験をしている。〇〇さんは「もう死なれるのは嫌です。元気に育てて返す役割だし、人の役に立つ」と話す。「ハプナ」を抱いた●●さんの次女の♪♪さんは「あったかいな」と喜んでいた。

 2匹は10カ月間それぞれの家族と共に暮らして人間に慣れた後、神奈川県の同協会のセンターに送られる。

 また、民間の資金、ノウハウを活用するPFI刑務所「島根あさひ社会復帰促進センター」の受刑者が育てた候補犬のうちの1匹「ナーブ」は30日、広島市内で最終テストを受け、12月中に盲導犬になれるか判定される。
先日のレクチャー(27日)の休憩時に職員さんがこの2頭のパピーを抱っこして部屋に連れてきてくれました。
c2010_1127_101000.jpg
「うわ~!」「きゃ~!」という声が上がる中、縫いぐるみのようなパピーはキョロキョロ。
怖がらせないように触らせてもらいました。
「あ~リータも我が家に来たときはこんなに小さかったよね~」
「こんな子触ったらまたパピーウォーカーしたくなるね~」
c2010_1127_101311.jpg
子供たちの手がいっぱいです。
c2010_1127_101400.jpg
この子はどっちのおうちに行ったのかな???

いっぱい愛してもらって、大きくなるんだよ~

クリスマスの翌日のボランティア交流会で会えたらいいな~♪

この日、パピーウォーカー登録のためレクチャーを見学に来られたご家族がいらっしゃいました。
委託前後のパピーと、入学間近のパピー、両方を見てもらうことができて良かったですね~

お話しさせてもらうと、父ちゃんのブログも偶然見ていただいたらしく、ご自宅も我が家から比較的近い方でした。
姉妹のお姉ちゃんは「将来盲導犬訓練士になりたい」と眼を輝かせていました。
早くパピーが来るといいですね!
スポンサーサイト

| 12ヶ月目(11/20-12/19) | 21:18 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。